あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・石狩の旅    札幌市

八窓庵
はっそうあん
北海道札幌市中央区中島公園日本庭園内


 八窓庵は江戸初期(1579〜1647年頃)の茶人、小堀遠州が建築した茶室といわれています。居城であった江州(現在の滋賀県)小室郷小室城内の構内にあったそうです。
 この茶室が中島公園内の日本庭園にあるのは、札幌市の持田謹也氏が大正8年(1919)にこれを買い受けたことに始まります。北4条西12丁目の同氏邸内に移された八窓庵は、同時に京都の岡田英齋により修理されたそうです。
 その後他の人に譲られた後、札幌市に寄贈されたそうです。昭和11年(1936)には国宝、同25年には国指定重要文化財に指定され、昭和46年(1971)に札幌市の所有となり、現在の場所に移築されました。
 切妻造り屋根の平屋建ての八窓庵は8ケ所の窓を配することにより、その名のついたといわれています。



西北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

inserted by FC2 system