あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・石狩の旅    札幌市

豊平館
ほうへいかん
北海道札幌市中央区北1条西1丁目


 豊平館は明治13年(1880)開拓使が北海道開拓使直属の洋風のホテルとして建築したものです。開館は明治天皇北海道行幸の行在所となった明治14年8月30日だったそうです。それ以来、皇族や貴賓の宿泊所として利用されたそうです。
 創建時には、大通西1丁目にありましたが、昭和33年(1958)都市の膨張と市民会館建設の必要性に迫られて現在の中島公園に移築されました。
 昭和61年(1986)には老朽化と移築などで失われた創建時の姿を復元する修復工事が完了しました。館の白い外壁を縁取る美しいウルトラマリンブルーは、創建当初を再現したものだそうです。
 昭和39年(1964)に国の重要文化財に指定されています。豊平館という名前は、札幌が北の都として豊かで平和に発展するようにとの願いを込め、豊平川の清流にちなんで名付けられたそうです。



西北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

inserted by FC2 system