あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・上川の旅    旭川市

北鎮記念館
ほくちんきねんかん
北海道旭川市春光町 
陸上自衛隊第二師団旭川駐屯地内
Tel 0166-51-6111


 北鎮記念館は平成19年(2007)新築された新しい建物です。昭和39年(1964)遠軽駐屯地にあった馬小屋で資料を展示したのが前身です。現在旭川には陸上自衛隊の第2師団の司令部が置かれています。戦前までは第7師団を中心に師団4個歩兵連隊中、3個連隊が旭川に駐屯していました。
 北鎮記念館では、第7師団の歴史や現在置かれている陸上自衛隊第2師団の活動などを紹介しています。開拓と防衛に関する資料も多数あり、第2次大戦中に活躍した旭川出身の加藤隼戦闘隊長に関する資料なども展示されています。
 北辺の守りを担う重要師団であった第7師団は「北鎮部隊」とも呼ばれていました。日露戦争では203高地の白兵戦に加わり、日ソが激突したノモンハン事件では5倍強のソ連軍と戦って1500人あまりの戦死者を出しました。  
 昭和17年(1942)南太平洋の孤島ガダルカナルで、翌年の北のアッツ島では米軍の猛攻にさらされてほぼ全滅の大悲劇に遭いました。さらに、最後の戦いとなった沖縄戦にも参加し「悲劇の師団」とも呼ばれています。



中北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

inserted by FC2 system