あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・渡島(おしま)    函館市

金森赤レンガ倉庫
かなもりあかれんがそうこ
北海道函館市末広町13−9


 金森赤レンガ倉庫は、明治40年(1907)に建てられた金森商船の倉庫5棟が残り、函館ヒストリープラザとして、これらを再生利用しています。
 金森商船の初代、渡邉熊四郎は洋物店、船具店、廻船業など数々の商業や公益事業で函館の発展に貢献をした人物です。彼がはじめて起こした倉庫業の足跡として今も残るのが金森倉庫なのです。
 これらの倉庫は「赤レンガ」の愛称で多くの人に親しまれてきました。平成6年(1994)にその3分の1を利用してイベントホール、ミュージアム、ショッピングモール、レストラン、ビアホールを擁する一大観光施設、函館ヒストリープラザとしてグランドオープンしました。
 残りの3分の2の赤レンガは、今もまだ現役の倉庫として使われているということです。函館のウォーターフロントのシンボルで、目の前には函館港が広がる開放的な場所です。



南北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

inserted by FC2 system