あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・後志(しりべし)   積丹郡積丹町

神威岬灯台
かむいみさきとうだい
北海道積丹郡積丹町神崎町


 明治21年(1888)海の難所だった神威岬に神威岬灯台が開設されました。
 大正元年(1912)この灯台で悲しい事故が起きました。台長夫人と幼児を連れた職員の妻が、余別地区まで買い出しに出かけ、波にのまれて亡くなってしまったのです。
当時、町へ行くには海岸伝いの小径か、降雪期に閉ざされる山道しかなかったのです。
 町は96年、国道229号とのアクセス路や灯台までの遊歩道などで構成する神威岬自然公園をオープンさせました。かつての魔所には今や、半年間で40万人余りの人がが訪れています。



西北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

inserted by FC2 system