あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・十勝の旅    河東郡鹿追町

然別湖
しかりべつこ
北海道河東郡鹿追町北瓜幕


 鹿追山中にある然別湖は大雪山国立公園の中で唯一の自然湖でカルデラ湖です。1187mの白雲山、1174mの天望山、1348mの南ペトウトル山にかこまれています。
 然別湖は、天望山の溶岩によってせき止められてできました。湖面の標高は810m、複雑に入り組んだ湖岸線は12km、水深は108mもあるそうです。
 東岸には3大秘湖のひとつである東雲湖(しののめこ)といわれる小さな沼もあります。その他の秘湖は「オンネトー」と「オコタンペ湖」だそうです。
 東雲湖と然別湖は、もとはひとつの湖だったといわれています。ともに然別山系と呼ばれる原生林の茂る山々に囲まれた、静かな湖なのです。
 然別湖の近辺には、生きた化石といわれるねずみに似た「ナキウサギ」が生息しているそうです。また湖には「オショロコマ」というめずらしい魚が生息しているそうです。
 湖畔の桟橋からは、然別湖遊覧船が運航しています。天望山を逆さに映す静かな湖上をゆっくりと一周してくれます。 
  「然別いづこぞ霧の葛しげる」
と水原秋桜子が詠んでいます。湖畔にはこの句碑が建てられています。
水原秋桜子句碑



東北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置

inserted by FC2 system